アユは「友釣り」 











  葉山の全山がぼんやりした桜色から鮮やかな若葉の色に変わるころ、5pほどに育ったアユの稚魚が河口や波止場に集まってきます。この時期のアユは、まだプランクトンを食べているので小さな毛(けばり)鉤(けばり)やサビキで釣ることができます。
 葉山の川は小さいので多くのアユが棲(す)むことは望めません。しかし、水質も改善されており、数ヶ所簡単な魚道を作って、水面を覆っている草木を切るだけで、かなりのアユが生き延びるはずです。

 日本の淡水魚はほとんどがコイの仲間です。アユはちょっと似てますがコイの親戚ではありません。両者の違いを簡単に書いてみましょう。
 まずアユには口ひげがありません。優雅な姿に似ず荒々しく大きな口をしています。ぴんと立った背びれと尾びれの間に脂(あぶら)びれと呼ばれる小さな筋のないひれがあります。このひれは、サケの仲間には見られますが、コイ類にはありません。
 秋に河口に下って産卵した親魚たちは短い一生を終えます。孵化(ふか)した子魚はいったん海に下り、動物プランクトンを腹いっぱい食べて成長します。このころアユの歯はプランクトンを食べるのに都合よく鋭い円錐形をしています。この歯はやがて抜け落ち、岩についた苔を削り取るのに適したやすり状の歯に入れ代わります。

 


 早春から5月頃にかけて、川と海の水温が同じになるのを待ちかねたように子魚たちはいっせいに川を上り始めます。日中は元気よく、夜は流れのゆるやかな場所で休憩するといわれています。上りの途中で気に入った岩を見つけると、岩を中心にして1uほど縄張りを作り、侵入者があると激しい体当たりを繰り返して餌場を守ります。
 このアユの闘争性を利用して、野生のアユの縄張りに囮(おとり)アユを入れ闘わせて引っ掛けるのが「友釣り」です。他にもいろいろ釣り方はありますが、「アユ釣り」といえば「友釣り」を指すほど手軽で人気のある釣り方になりました。今年も解禁を待ちかねた太公望たちが、川岸に並んで竿を出すアユの季節がやってきました。
 観光地では「鵜飼(うがい)」「簗漁(やなりょう)」「火(ひ)振(ぶ)り漁(りょう)」などが人気を博しています。
 松明(たいまつ)や派手な衣装を使って凝った演出を見せてくれますが、真の主役は暗闇に隠れたアユなのです。
[くれ竹通信 Vol.38 2007年9月 から]

 
     

 

NPO法人葉山まちづくり協会
All Rights Reserved ©NPOfor Better HAYAMA