栗坪の庚申塔

27 栗坪の庚申塔

 
分類/区分 町指定文化財第19号−9 有形文化財 建造物 石造り
所在地 上山口469 散策マップ《上山口》6番
所有者等 個人  
指定年月日 昭和45年8月27日 員数 1基
   

道立年号(塔に刻まれている年月日)
  元禄4辛未年2月4日(1691年)
碑型、石質、其の他
  舟型、安山岩、3基の内中央塔。
大きさ及破損度
  高さ100cm(台石を含まず)。   幅42cm。破損無し。
刻像
  一尊来迎印阿弥陀如来像と三猿
 三猿は向って右から見ざる、聴かざる、言わざるで3匹共前向きに並ぶ。

銘文
  上部中央に種子キリーク
  奉信庚申待三座 為現當二世安楽也
  迷故三界域悟故 十万空本来興東西
  何處有南北  栗坪村 同行拾四人

塔の特徴
 この塔は一尊来迎印阿弥陀如来を主尊としたのが特徴。尚この塔と並んで向って左に、元禄6年造立の同じ来迎阿弥陀塔があるが、栗坪に在って「正銀村」と刻んである。

参考:葉山の文化財

All Rights Reserved,Copyright(c) NPOfor Better HAYAMA