正吟の庚申塔

28 正吟の庚申塔

 
分類/区分 町指定文化財第19号−10 有形文化財 建造物 石造り
所在地 上山口2354 散策マップ《上山口》11番
所有者等 個人  
指定年月日 昭和45年8月27日 員数 1基
   

道立年号(塔に刻まれている年月日)
 寛政12年申10月吉日(1800年)
碑型、石質、其の他
 自然石、貝化石をなす疑灰岩  6基群中左から3番目。
大きさ及破損度
 高さ130cm(台石を含まず)。  幅66cm。風化始まる。
刻像 猿1匹台石に刻むだけ。

銘文 庚申供養塔 講中

塔の特徴
 この塔の造立は、寛政12年(1800年)で、古い塔ではないが、貝化石の石質で貝が外部に現われている。尚この塔と同質と見られる塔に上山口1124唐木作の萬延元年(1860年)板状駒型塔、上山口1391唐木作の萬延元年(1860年)板状平頭型塔、上山口1980間門の萬延元年(1860年)自然石塔があるが60年後のこれら3基の塔には正吟塔のように貝は露出していない。

参考:葉山の文化財

All Rights Reserved,Copyright(c) NPOfor Better HAYAMA