森戸神社社殿

46 森戸神社社殿

 
分類/区分 町指定文化財第33号 有形文化財 建造物 木造
所在地 堀内1025 散策マップ《堀内》15番
所有者等 森戸大明神  
指定年月日 昭和55年9月18日 員数 1棟
年代 慶長2年(1597年)  
   

沿革

 頼朝が治承4年10月20日に大恩ある三島神社へ参拝したときの分霊を願って来て祀られたもの。

概要

 森戸岬の北側に位し、約700平方米(200坪)程のところにある社殿建坪は136平方米(41.2坪)。
 社殿構造は本殿と拝殿との間に石の間(相の間)を設けた権現造りで屋根は瓦葺流れ造りとなっている。

参考:葉山の文化財


森戸神社 
4 翁面   9 森戸大明神のビャクシン(柏槇)    38 森戸神社の庚申塔
46森戸神社社殿   65 潮神楽

All Rights Reserved,Copyright(c) NPOfor Better HAYAMA